【初心者向け】一番簡単なNFTの買い方・始め方

2022年7月7日

いまNFTが注目を集めていますね!テレビやSNSでNFTの盛り上がりを目にした方も多いのではないでしょうか。

しかし、いざNFT売買を始めたいと思っても、さてどこから手をつければよいのか、迷ってしまう方は多いと思います。ぼくも最初はそうでした。

そこで、この記事ではNFTの取引をするにあたり必要な手順について、1つ1つ説明します。

まずは仮想通貨取引所に口座をつくろう

はじめにするべきは、何と言っても仮想通貨取引所の口座をつくることです。

ご存知でない方のために説明すると、一般的にNFTは仮想通貨で購入します。仮想通貨とはビットコインやイーサリアムなどのことですが、NFTの取引でよく登場するのはイーサリアムです。
もちろんNFT取引で登場する仮想通貨は他にも数多くあるのですが、まずは概要をつかむために「イーサリアムがよく使われるんだ」と覚えてください。

「日本円→仮想通貨→NFT」という順番で価値転嫁していきますので、まずは日本円を仮想通貨に交換できる仮想通貨取引所がおすすめです。

ぼくがオススメするのは仮想通貨の黎明期から取引所の運営実績が豊富なコインチェックです。
パソコンでもアプリでも操作しやすくわかりやすくて、初心者の方には非常にオススメな仮想通貨取引所です。

口座を開設したら、皆さんの銀行口座から取引所の日本円口座へお金を送金してください。
NFTは高いものは●百万~●千万円と超高額ですが、安いものだと●百円とお手頃なものもあります。無理のない範囲の金額をまずは送金してみることをオススメします。

取引所の口座へ日本円が入金できたら、取引所の画面を操作して日本円でイーサリアムを購入してください。

ここまできたら、あなたはもう仮想通貨ホルダーです。
NFT購入の入り口まできたと言っていいでしょう。

仮想通貨ウォレット「MetaMask」を使おう

次はウォレットの設定です。
ウォレットとは、その名の通り仮想通貨の”お財布”です。

さきほどは口座にイーサリアムを購入しましたね、次はその口座からお財布へイーサリアムを移します。

仮想通貨ウォレットでメジャーなのはMetaMask(メタマスク)です。
特にイーサリアムを扱うのならば、必ずみんなが通る道です。
メタマスクはChromeブラウザ版もありますし、スマホアプリ版もあります。

ぼくの場合はなんだかんだパソコンでNFT売買することが多いので、ブラウザ版を使っています。

画面に従って設定していけば、メタマスクの設定で悩むことはないはずです。

メタマスクのイーサリアムウォレットのアドレス(送金先口座)に、取引所口座からイーサリアムの送金をすれば、NFT購入まではあと一歩です。

もうすぐ!!

Opensea(オープンシー)でNFTを買う

NFTのマーケットプレイスで超有名なのが「Opensea」です。
多くのNFT作品はこのOpensea上で売買されています。

Openseaはあくまでマーケットプレイスなので、それ自体がウォレットの機能は持っていません。
そこで登場するのが先ほどのメタマスクです。

メタマスクをOpenSeaに接続することで、メタマスクの中にあるイーサリアムで売買ができるようになります。

あとは自分の持っている仮想通貨の範囲で、好きなNFTを買うだけです。

最後に、ぼくが思うNFTの面白さ

Openseaには本当にたくさんのNFTが売られています。
有名なものから、無名なものまで。

それは将来価値が値上がりするかもしれないし、値下がりするかもしれない。
明日の価格は誰もわからない、だからまずは好きなものを買ってみるのがおすすめです。

ずっと売らなくてもいいし、1年後に売ってもいい。なんなら明日売ってもいい。
ただ確実なのは、購入したNFTは確実に”あなたのもの”であることをブロックチェーンに記録します。

世界中にあるブロックチェーン運営に関わるネットワークを介して、所有が約束されます。
もちろんあなたがNFTを手放したことも約束されます。

これまでの世界では自分の所有物が、誰の目にもわかるカタチで”自分のものである”と表現するのは難しかったのです。
しかしブロックチェーンはそれを変えました。

この”紛れもなくあなたのもの”であることが裏付けられた作品を持つことのワクワク。

これはNFTを買った人にしかわかりません。

ぜひあなたにも体験してほしい、そして遊んでほしい。

そう思い、この記事を書きました。

これからもこのブログでさまざまなNFTやブロックチェーンに関することを書いていきます。

よろしければ今後もこのブログをよろしくお願いします。